ギターの不調でお困りではありませんか?

ギターのリペアをどこに頼めば良いかお悩みではありませんか?

  1. 古いギターを弾けるようにしたい 
  2. ネックが折れている
  3. ボディが歪んでいる、割れている 
  4. 部品が足りない 

こんな方も大丈夫です

  1. もとの定価が安い 
  2. あまり聞き馴染みのないメーカー
  3. ギターの知識があまりない 
  4. 家の近くにリペアショップがない

当店は奈良県の明日香村で昭和ギターを中心にリペア・調整を行っている工房です。

古いギターはあちこちに不具合が出てくるものだからこそ、なるべく低料金で調整させていただきます。

昭和時代のギターは近年再評価され、人気が高まっています。

せっかく手元にあるのでしたら、その良さを体感して大切に弾き続けていただきたいと考えています。

ぜひ、再生に協力させてください。

また、昭和ギター以外ももちろん歓迎いたします。

明日香村・近隣市町村へは出張も可能です◎

再生したギターの販売も行なっています

リペアメニュー

6ヶ月保証付きです。必要最低限の内容で料金を抑えることをモットーにしております。

リペア事例

過去に販売済み、施行済みのリペア事例を紹介するブログリンク集です。

「昭和ギター」について

日本製の古いギターがジャパンビンテージとして再評価されています。その魅力とは?

当店について

工房のご紹介

昭和ギターをさらにハイクオリティに

当店では昭和ギターへのシェラックリフィニッシュも行っています。

・シェラックとは?

ラックカイガラムシを原料とする天然のニスで、高級ギターや家具などに施されます。

何度も塗り重ねる必要があるため、量販されるギターにはほとんど施されることはありません。

しかし当店のような小さな工房だからこそ、そのような手間をかけた作業ができます。

・シェラック塗装に変えて音質向上

シェラックは食品添加物にも認定されている天然のニスですから、自然にも身体にも優しく、木との相性も抜群です。

またシェラック塗装は大変薄くできるため、木の響きを妨げません。

ただでさえ「よく鳴る」と評判の昭和ギターですから、その効果は絶大です。

工房にもリフィニッシュ済みのギターがありますので、ぜひ試奏してみてください。

昭和ギターとは?

昭和頃に作られた古いギター、日本製であればジャパンビンテージギターのことを指しています。

昭和ギターのメーカー例:Morris、YAMAHA、Yamaki、KAWAI、Fresher、Nardan、TEISCO、テイハツ、GRECO(Gneco)、West Minster、Artisan、ARIA、Zen-On、KISOSUZUKI、SUZUKI VIOLIN、Maruha、春日など

News & Information